サンタンデール銀行、イーサリアムブロックチェーンで債券21億円相当を償還 「ライフサイクル全体を管理可能」【ニュース】

スペインの大手金融機関サンタンデール銀行は、イーサリアム(ETH)のパブリックブロックチェーン上で債券2000万ドル(約21億円)相当を償還した。12月10日に発表した。

同銀行は今年9月に、より速く、効率化できる将来のセキュリティトークン市場を見据えた取り組みとして、ブロックチェーン上で債券発行したと発表していた

同銀行のデジタル投資バンキング部門のヘッドであるジョン・ウィーランは、ツイッターで以下のように述べた。

「我々は、2019年9月10日に発行したブロックチェーン基盤の債券の早期償還を実行した。債券を、(今回はパブリックの)ブロックチェーン上で、完全なライフサイクルで管理できるとはっきりと証明された

同氏は、イーサリアムのコンソーシアム「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス」の会長でもある。

今回、ブロックエクスプローラー「イーサスキャン」でトランザクションを証明するイーサリアム上のトランザクションを証明した。同銀行は、発行者としても投資家としても機能し、発行者ウォレットや投資家ウォレット上でのトランザクションを開示した。

【関連記事:スペイン大手サンタンデール銀行、イーサリアムのブロックチェーン上で債券発行 「セキュリティトークン市場への第一歩」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン