ロシア、ウズベキスタン首都とブロックチェーン基盤の著作権保護に関し覚書締結

ロシア国立知的財産取引対応センター(IPChain)が、ウズベキスタンの首都タシュケントと著作権保護におけるブロックチェーン使用に関し覚書を締結した。ロシアの国営報道TASSが16日伝えた

IPChainは、スコルコボ財団とロシア特許機関の主導で創設された非営利組織。協会のウェブサイトによれば、ブロックチェーンに基づいて知的財産権の所有者間における標準の設定及び技術の開発に重点的に取り組んでいる。

IPChainのアンドレイ・クリシュフスキー会長は、モスクワのオープンイノベーションフォーラムで、タシュケントのイノベーション部門のジャスル・ザキドフ部長と会談した。両者は、知的財産権や特許記録など、さまざまな分野の著作権を保護するために分散型ソリューションを採用することに同意した。

ザキドフ氏はさらに、ブロックチェーンが著作権業界全体を発展させ、業界を収益化すると説明。「科学者、発明家やクリエイターは通常、知的財産をどのように収益化するのか理解していない」と指摘した。

「我々のパートナーシップがウズベキスタンの知的財産権の開発に弾みを与える可能性が高い。著作権が実際に機能し、利益を生むことを彼らは知るだろう。彼らにお金を稼ぐ方法を示したい」

IPChainのリースによれば、このプログラムは、タシュケントの特許記録をデジタル化することから始まる。地方の特許事務所を基盤としてIPchainエコシステムを導入する可能性がある。

4月、IPChainは特許履歴を電子化し、キルギス国家特許庁のブロックチェーンベースのデータベースを作成する契約を結んだ。IPchainの責任者によると、同様のプロジェクトについて既にアルメニアの関係者と交渉している。