ロシアSNS大手 独自通貨「VKコイン」公開、400万人以上がマイニング中|仮想通貨かどうかは明かさず

ロシアのSNS大手ヴコンタクティ(VK)は、マイニング可能な独自通貨「VKコイン」を公開した。4月1日にタス通信が報じた

今回の報道は、2019年3月、VKが検討中と報じられた独自仮想通貨に関する続報となる。公式情報にはVKコインがブロックチェーン技術に基づくことを示す根拠はないものの、VKによると、ユーザーはVKコインのマイニングが可能だという。

タス通信によると、VKコインはクリッカー系ゲームアプリ内で使用でき、ユーザーはゲーム内でVKコインを稼いだり、他のプレーヤーや自分が所属するコミュニティに転送したりできるそうだ。このサービスはiOSとAndroidで利用可能。

VKの決済サービス「VKペイ」の投稿によると、VKコインは近々外部パートナーの様々なサービスや割引に使用できるようになるという。

またロシアメディアTJは、ゲームでは標準で0.001 VKコインを「マイニング」できるが、VKコインで「ブースト」機能を購入すると、マイニング量を加速させられる報じた

さらに、VKの代表者は、VKコインマイニングは4月5日時点で400万人以上のユーザーに利用されており、ユーザーによる最高保有数は8億9000万コイン以上に上る明かしたという。またプロジェクトマネージャーのイワン・グーセフ氏は、VKコインユーザー達は、自分のVKコインを法定通貨との交換や広告掲載などのサービスのために使用し始めたと述べたそうだ。

コイングラフの取材に対して、VKは、仮想通貨やブロックチェーンとVKコインとの関連性、またVKコインの予定について「噂についてはコメントしない」と述べた。


翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。


編集 コインテレグラフ日本版
原文 Russian Social Media Giant VK Launches ‘Mineable’ VK Coin