リップル社が10億分の仮想通貨XRPを大量移動|7分後に再び戻す【ニュース】

仮想通貨取引者間での大規模な取引を報告する「ホエールアラート(Whale Alert)」によると、リップル社が仮想通貨XRPを合計10億XRP移動させたことがわかった。

リップル社は2回に分けてXRPを移動。10億XRPは記事執筆時点で230億円ほどになる。

同社は移動から7分後には、3つの別のトランザクションで同量のXRPをエスクローウォレットに戻した。

XRPは毎月一定量がリップル社からアンロックされており、取引所や金融機関など第三者に販売され、余ったXRPがエスクローウォレットに戻るようになっている。

ただ、XRPコミュニティにはリップル社の定期的なXRP売却が価格に影響を与えることを恐れるユーザーもいるため、今回のような大量の移動には敏感になっている。

今年8月には10万2000人のフォロワーがいる@Cryptp_Bitlord氏がリップル社に対して「XRPの投げ売り」をやめるように要求。オンライン署名サイトChange.orgで「リップル投げ売りをやめろ」というページを開設している。

【関連記事:「仮想通貨XRPの投げ売りをやめろ」コミュニティーの一部がリップル社に抗議、「乗っ取る」との脅しも

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン