仮想通貨イーサ使った”詐欺”アプリのフェアウィンに「重大な欠陥」

イーサ(ETH)のガス(手数料)使用料No.1でポンジスキームの疑いがかけられているアプリ「フェアウィン」に重大な結果がある。複数の開発者が警告した。

ブロックチェーン基盤のゲームスタジオ、ホライゾン・ゲームスの研究者であるフィリップ・カストングウェイ氏によると、フェアウィンは「すべての資金を危険にさらす重大な欠陥を含んでいる」と指摘。「すぐに詳細を公表する」と述べた。

また同氏は、フェアウィンがポンジスキームであると主張。利用者にETHを担保に入れさせることで異常な額の配当を与えていると述べた。

ポンジスキームは、高配当の利回りを実現すると謳いながら、実際は出資者から得た資金で配当を賄う詐欺のこと。広く自転車操業的な詐欺の手法を指す。

フェアウィンは、ポンジスキームという報道を否定。また、フェアウィン側が利用者のETHを使うことができない仕組みになっていると述べた。

ETHガスステーションによると、過去30日間で、フェアウィンがイーサライムのガス(手数料)を一番消費している。

【関連記事:仮想通貨イーサリアムの手数料高騰背景に中国系の「詐欺」ゲームアプリ

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版