Aug 22, 2019

リクルート、ブロックチェーンを利用した分散コンピューティング開発のブロックスタックに出資

1347 Total views
25 Total shares

リクルートは22日、同社の投資子会社であるRSPブロックチェーンテックファンドを通じて、ブロックチェーン技術を利用した分散コンピューティング開発企業のブロックスタック(Blockstack)社への出資発表した。

出資額は非公表。

ブロックスタックは従来のパスワードベースの認証よりも、機密保護性能に優れた公開鍵暗号を用いた認証方式を提供している。データ漏洩やプライバシー保護に優れており、利用者は異なるアプリ間でも同一のデータを持ち運べるという。

リクルートは今回の出資を通じ、ブロックスタックが提供するこうした認証方式やプラットフォームの利用拡大をサポートするとしている。

ブロックスタック社は2013年に設立。米国の規制下で初めて、米証券取引委員会がトークン発行を承認した企業

【関連記事:米規制下で初めてのICO 米証券取引委員会がブロックスタックにトークン発行を承認 仮想通貨業界に朗報

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー

ピックアップ記事
プレスリリース