ビジネスにおけるブロックチェーン導入の障害は不透明さと信用問題=監査PwC調査

 規制の不透明さと信用問題が、ビジネスにおけるブロックチェーン導入の障害となっている。監査大手のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が27日に調査結果を発表した。

「ブロックチェーンはここに。次の動きは何?」と題されたPwCの調査では、15カ国で600人の重役を対象に、ブロックチェーンの開発や可能性について聞き取りを実施した。オーストラリア、中国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、インド、イタリア、日本、オランダ、シンガポール、スウェーデン、アラブ首長国連邦、英国、米国などの国々を調べた。

 規制の不透明さ、ユーザーのブロックチェーンにおける信頼、ネットワークを繋げる能力が、ブロックチェーン導入におけるトップ3の障害であると分かった。PwCブロックチェーンリーダーのスティーブ・デイビス氏は以下のように話した。

「事業者はブロックチェーン技術において遅れを取りたくないと思っている。それがたとえ開発の初期段階にあるとしても、信頼と規制における懸念は残っている。ブロックチェーンそれ自体は信頼を発生させるものだ。しかし、現実は、ほぼ毎回信頼問題に直面している」

 調査によると、重役5人のうち4人(全体の84%)は、ブロックチェーンイニシアチブが現在進行中で、うち25%がブロックチェーンのパイロット事業を実施、もしくは完全実装済みとなっている。

 回答者のうち46%は、次の3〜5年でブロックチェーン導入を引っ張るのは金融業界であると考えている。ポテンシャルがあるのは、エネルギーや公益事業(14%)、ヘルスケア(14%)、製造業(12%)との結果が明らかになった。

 ブロックチェーン開発の市場を牽引していると思う国は、米国と中国が最も多く、それぞれ29%、18%だった。また、次の3〜5年で影響力が最も大きいのは中国との見方が30%もいた。