PwCルクセンブルク、仮想通貨ビットコインでの支払いを受け入れへ

4大会計事務所の1つPwCのルクセンブルク支社が10月1日より顧客からのビットコイン支払いを受け入れる。2日に正式に発表した

PwCは、ビットコインについて、激しいボラティリティ(変動幅)やダークウェブでの利用など「タフな子供時代」を過ごしてきたとしつつも、次にように続けた。

ビットコインは、最初のP2P(対等な者同士)の支払い手段であるという約束を守ってきた。そしてそれは妥協されず、分散型の信用モデルに基づいている」

PwCルクセンブルクは、「地元の」取引所と提携する予定だ。

PwCは6月、仮想通貨に関する監査のためのソフトウェアを発表した

【関連記事:4大会計事務所PwC、仮想通貨監査のソフトウェアを発表 ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)などサポート

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版