4大会計事務所PwC、仮想通貨監査のソフトウェアを発表 ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)などサポート

4大会計事務所のPwCが19日、仮想通貨に関する監査のためのソフトウェアを発表した。

新たな仮想通貨ソフトウェアは、仮想通貨を保管・取引をする顧客に対して次の2つのサービスを提供する。

・仮想通貨の所有を証明するのに必要な「秘密鍵と公開アドレスのペア」の証拠を提供
・独立した立場でブロックチェーンを安全に審査し、ブロックチェーンの取引とバランスを裏付ける情報の収集

このソフトウェアは、PwCのデータ監査ツールHaloに加えられる。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ (BCH)、ビットコインゴールド(BTG)、ビットコインダイヤモンド(BCD)、ライトコイン(LTC)イーサリアム(ETH)、OAX、とXRP(リップル)をサポートする。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版