BTC/USD

強気派はビットコインを直上のレジスタンスである12,113.50ドルを超えようとしている。これはポジティブなサインだ。これは、強気派がまだ利益を計上していないことを示唆しており、より高いレベルでの購入を余儀なくされているため、除外されているトレーダーをいら立たせている。

出典: TradingView

2つの移動平均線も上昇しており、相対力指数(RSI)は買われ過ぎの領域にある。これは、強気派が支配的であることを示唆している。

12,113.50ドルを超えて終値を付ければ(UTC時間)、上昇トレンドを再開する可能性がある。12,304.37ドルがマイナーなレジスタンスであるが、それを超える可能性がある。このレベルを超えれば、上昇トレンドは13,000ドル、さらに14,000ドルに達する可能性がある。

逆に、弱気派が12,113.50ドルを死守した場合、BTCは20日間指数平滑移動平均線(11,052ドル)まで調整する可能性がある。このレベルからの強力な反発は、直上のレジスタンスを突破する勢いを持つ可能性がある。

ただし、弱気派がBTC価格を20日間EMA以下に引き下げた場合、弱気のサインとなるだろう。20日間EMA以下まで下落すれば、10,400ドルを再テストすることになるだろう。ここを下抜けてしまえば、弱気派がゲームの主導権を握ったことになる。

ETH/USD

イーサ(ETH)は過去数日間、366ドルを超えて取引されている。これは強気派が急いでポジションを清算していないことを示唆している。強気派が引き続き上昇することを期待しているということであり、非常にポジティブだ。

出典: TradingView

2つの移動平均線はどちらも上昇しており、RSIは買われ過ぎのゾーンにある。これは強気派が優位であることを示している。415.634ドルを突破して終値を付ければ(UTC時間)、次のターゲットである480ドルに向かう上昇トレンドの再開となるだろう。

しかし、弱気派が415.634ドルのレジスタンスを死守した場合、ETHはレンジ内での値動きすることになるだろう。

弱気派がETHを366ドル以下に引き下げた場合、この強気の見方は無効となる。このような動きは、ETH価格を20日間EMA(351ドル)まで下落させる弱気の動きをもたらす可能性がある。351ドルを下抜けた場合、61.8%フィボナッチリトレースメントレベルである304.367ドルまで調整する可能性があるだろう。

XRP/USD

XRPは現在、通常強気のセットアップとして機能する下降ウェッジパターン内で取引されている。強気派が価格をウェッジの上に押し上げることができた場合、上昇トレンドが再開し、最初のターゲットである0.346727ドル、さらに0.432105ドルまで上昇する可能性がある。

出典: TradingView

0.326113ドルからの調整は、RSIが買われ過ぎのレベルにあることから、健全なものだった。2つの移動平均線は上向きとなっており、これは強気派が優勢であることを示唆している。

弱気派がXRP価格をウェッジと20日間EMA(0.267ドル)以下に引き下げれば、この強気の見方は無効となる。そのような動きは、XRPを61.8%フィボナッチリトレースメントレベルである0.244472ドルまで引き下げることになり、ネガティブなサインだ。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は8月7日に20日間EMA(284ドル)まで下落し、8月10日に再び下落した。これは弱気派がBCH価格を280ドル以下に戻そうとしていることを示すものだ。

出典: TradingView

これが成功した場合、それはより高値では需要が欠如していることを示し、非常にネガティブだ。このような動きは、260ドル、245ドルへの下落をもたらす可能性がある。

しかし、20日間EMAは徐々に上昇しており、RSIは60のレベルを上回っている。これは強気派がわずかだが優位であることを示唆している。

強気派が下降トレンドを超えてXRP価格を押し上げることができた場合、それは強気派が優勢であることを示すものになる。このレジスタンスを超えれば、353ドルまでの上昇が可能だろう。ここを上抜けることができれば、上昇トレンドが再開し、400ドルまで上昇する可能性が出てくる。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は8月2日以降、56~60ドルのレベルで取引されている。これは需要と供給の間でバランスが拮抗していることを示すものだ。ただし、2つの移動平均線は上昇しており、RSIはポジティブの領域にあるため、強気派の方に勢いがあるだろう。

出典: TradingView

LTCが60ドルを超えれば、強気派が優勢となるだろう。60ドルを超えれば、65.1573ドルへ上昇する可能性も出てくる。強気派がこのレベルを超えて価格を押し上げることができた場合、さらに勢いが高まることになるため、注意すべき重要なレベルだ。

逆に、弱気派がLTCを56ドル以下、20日間EMA(54.83ドル)以下に引き下げれば、重要なサポートである51ドルまで下落する恐れがある。51ドルを下抜けてしまえば、トレンドが変化してしまう恐れがあるが、もし強気派がこのサポートへの反落で押し目買いをすれば、LTCはさらに数日間はレンジ内の値動きとなるだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。