BTC/USD

ビットコイン(BTC)は10月12日に11,500ドルのレジスタンスを上回り、11,719ドルに回復したが、強気派はブレイクアウトを維持できなかった。これは、より高値では短期トレーダーによる売りを引き付けていることを示している。

出典: TradingView

BTCは過去2日間調整されていたが、ポジティブなことは、強気派が11,178ドル以上を維持することに成功したことだ。

上昇トレンドにある20日間指数平滑移動平均線(10,999ドル)と相対力指数(RSI)は60を超えており、強気派が優勢であることを示唆している。

強気派が11,560ドル以上にBTC価格を押し上げて維持することができれば、BTCは勢いを増し、上昇トレンドを再開する可能性がある。上昇の最初のターゲットは12,408ドルだ。ここを上回ることができれば、12,460ドルまで上昇する可能性が出てくる。

この強気の見方は、BTCが現在のレベルからさらに下落し、20日間EMAを下回った場合には無効となる。このような動きは、勢いが弱まっていることを示している。

ETH/USD

弱気派は、イーサリアム(ETH)を395ドルから309ドルのレンジ内に収めるために、395ドルのレジスタンスを守ろうとしている。しかし、20日間EMA(363ドル)は徐々に上昇しており、RSIはポジティブな領域にあり、強気派がわずかながら優位であることを示している。

 出典: TradingView

強気派が移動平均線への下落時に押し目買いした場合、ETHは395ドルを超えて上昇しようと再び試みるだろう。これが成功した場合、ETHは直近の高値である488.134ドルを目指す上昇ラリーを開始する可能性がある。

逆に、弱気派が移動平均線以下にETH価格を沈めた場合、ETHは上昇トレンドラインまで下落する恐れがある。ETHがこのサポートから反発した場合、強気派はもう1度ETH価格を395ドル以上に押し上げようとするだろう。

価格が上昇トレンドラインを下回った場合、ETHはさらに数日間はレンジ内での値動きとなる可能性がある。

XRP/USD

強気派はXRPを0.26ドル以上に押し上げることができなかったため、逆ヘッド&ショルダーのパターンは完成しなかった。移動平均線は横ばいとなっており、RSIは中間を下回っている。これは、需要と供給でのバランスを維持していることを示唆している。

出典: TradingView

弱気派がXRP価格を移動平均線以下に沈めた場合、XRPはさらに数日間はレンジ内での値動きとなる可能性がある。

逆に、XRPが20日間EMA(0.248ドル)から反発した場合、強気派はXRP価格を直上のレジスタンス以上に押し上げようと試みるだろう。

強気派がXRPを0.26ドル以上まで押し上げることができれば、逆ヘッド&ショルダーのパターンが完了する。これにより、0.303746ドルまで上昇するラリーが始まる可能性がある。

BCH/USD

10月12日に弱気派がビットコインキャッシュ(BCH)を20日間EMA(234ドル)以下に沈めることができなかったことは、より安値では売り圧力が欠如していることを示すものだ。トレーダーはこれを買いの機会と見なし、10月13日には直上のレジスタンスである242ドル以上に押し上げた。

出典: TradingView

移動平均線は強気のクロスオーバーを完了しており、RSIは68を上回っている。これは強気派が主導権を握っていることを示している。強気派は、BCHを280ドル、さらに300ドル以上に押し上げようと試みている。

しかし、弱気派は簡単には諦めそうにはない。弱気派は、BCH価格を242ドル、さらに20日間EMA以下に引き下げようと再び試みるだろう。弱気派がそれに成功させてしまえば、現在の上昇はブルトラップだったことになる。

LTC/USD

弱気派は51ドルから52.36ドルのレジスタンスゾーンを積極的に防衛しているが、ライトコイン(LTC)を20日間EMA(47.98ドル)のサポート以下に沈めることはできなかった。

出典: TradingView

これは強気派が急いでポジションを閉じていないことを示唆している。強気のクロスオーバー直前となっている移動平均線と、ポジティブな領域にあるRSIは、強気派が優勢であることを示している。

レジスタンス付近でのタイトな保ち合いの展開は、上向きで解消される場合もある。この場合、強気派がレジスタンスゾーンを超えて、LTC価格を押し上げれば、64ドルまで達する新しい上昇トレンドが始まる可能性がある。

弱気派がLTCを20日間EMA以下に沈めてしまえば、このポジティブな見方は無効となる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。