「ビットコインって何?」「ブラジルのトランプ」ボルソナーロ大統領が発言|先住民への仮想通貨ビットコイン生成プロジェクト停止で

ブラジルのボルソナーロ大統領は、同国のTV番組で「ビットコインは何か」と聞かれ「ビットコイン(BTC)が何であるか知らない」と発言した。のちに「ビットコインは仮想通貨」であると発言を修正した。コインテレグラフブラジルが6月4日に報じた

TV番組は今年1月にブラジル政府が、同国の先住民が使用できる仮想通貨を生成するプロジェクトを停止したことを巡って放映。ボルソナーロ大統領はインタビューの中で、同国のダマレス・アウヴェス女性人権家族相が主導した仮想通貨プロジェクト停止を支持すると発言。同プロジェクトは、高等教育機関のフレミネンセ連邦大学と先住民族の保護活動をする「国立インディオ財団(FUNAI)」との間で先住民が使用できる仮想通貨の生成を促進するもので、4490万ブラジルリアル(約13億円)規模とされていた。

ボルソナーロ大統領は、この中でTV番組の参加者に「『ビットコイン』とは何でしょうか」と聞かれ、以下のように答えた。

「私はビットコインが何であるか知らない」

演説のあと、同大統領は、自身の発言を訂正し、ビットコインは「仮想通貨」であると述べたという。

ブラジル政府は今年1月、仮想通貨の詳細な説明や技術分析が十分にされていない上、法的な入札プロセスを踏んでいないとしてに同プロジェクトの中止を発表している。

【関連記事:「ブラジルのトランプ」ボルソナーロ新大統領 ブラジル先住民向けの仮想通貨計画を停止

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版