仮想通貨取引所ポロニエックス、一部のパスワードを強制リセット 情報漏洩で【ニュース】

最近米国からセーシェル共和国に拠点を移した仮想通貨取引所ポロニエックスは、利用者のEメールアドレスとパスワードがツイッターに流出したとして、一部の利用者のパスワードを強制的にリセットした。

利用者に送られたEメールによると、ポロニエックスは「誰か」がEメールとパスワードのリストをツイッターに投稿し、口座にログインするために使えると主張した。

ただ、投稿された「ほぼ全ての」Eメールアドレスはポロニエックス口座のものでない。影響を受けたアドレス関してはすでに強制的にパスワードリセットを行ったという。

誰がリストをツイッターに投稿したかは明らかになっていない。

ポロニエックスは今月24日、完全なKYC(顧客確認)なしで1日1万ドル(約109万円)まで出金できる新たな口座サービスを発表していた。

【関連記事:仮想通貨取引所ポロニエックス、”KYCなしで11万ドル出金”を可能に

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン