政治議論プラットホームのポリポリ、アプリのベータ版をリリース

 トークンエコノミーで政治コミュニティを作る「ポリポリ」のアプリ(ベータ版)が2日、AppSotoreでリリースされた。9月以降に予定しているトークン配布までは、トークンなしで仮説検証する。

 ポリポリはトークンエコノミーを用いて経済圏を作り出すことで、政治家と有権者双方のニーズを満たすために立ち上がったプラットフォームプロジェクト。ユーザーが良い発言をすればポリポリの独自トークン「Polin」をインセンティブとして与え、質の高い発言を促す。誹謗中傷などが多く荒れやすい政治コミュニティサービスの質向上を目指す。

 ベータ版の機能は大きく3つ。

 一つ目は、ユーザーが自ら気になるトピックについてトークルームを作成し、政治を議論する機能。完成版では発言が支持されると独自通貨のPolinがもらえるようにする。

 二つ目の政治家一覧機能では、登録している政治家の政策や実績といった情報を見られる。各地の選挙では候補者の情報を比較可能。のちにPolinで投げ銭できるようにする。

 三つ目は、政治家へ質問・意見・政策提言ができる機能。支持された質問については、直接ポリポリに登録している政治家から回答が返ってくるという。

 アプリの完全版のリリースは今年12月を予定している。