仮想通貨イーサリアムのレイヤー2技術のプラズマ、研究を停止し次の課題に移行【ニュース】

非営利研究組織プラズマ(Plasma) グループは1月9日、仮想通貨イーサリアム(ETH)のレイヤー2スケーリング技術に関する研究を停止すると発表した。理論的基盤が十分に成熟したためプラズマチェーンによるスケーラビリティの研究努力は不要という結論に達したそうだ。次の主要課題として「公共財の維持と資金調達の問題」を掲げており、残った資金は「Gitcoin(ギットコイン)」に寄付するという。

同グループは、ETHのスケーラビリティを改善するレイヤー2ソリューション「プラズマチェーン」の研究推進を目的に2019年1月に設立。イーサリアム財団、コンセンシス、OmiseGo(OMG)、レイヤー2決済ソリューション「マティック・ネットワーク(MATIC)」、Gitcoinなどさまざまな組織から資金提供を受けた。

プラズマ グループは、「トラストレス」を前提に、ユーザーのデジタル資産をETHメインチェーンからサイドチェーンに安全に移転できるPlasma Cashflow(プラズマ・キャッシュフロー)を開発。また、分散型アプリ(dApps)ごとに構築が必要だったプラズマチェーンを汎用的に使用できるように仕様変更(Generalized Plasma)。スマートコントラクトおよびdAppsのスケーラビリティを最大2000TPS(トランザクション/秒)まで改善できるレイヤー2技術「Optimistic Rollup(オプティミスティック・ロールアップ)」も開発した。

これらにより、プラズマチェーンはスマートコントラクト