シカゴ・マーカンタイル取引所のビットコイン先物契約件数が過去最高に、機関投資家の関心高まる

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物のオープンポジションの件数が過去最高となった。仮想通貨ニュースのコインデスクが6月3日に報じた

米商品先物取引委員会が公開したデータによると、ビットコイン(BTC)先物のオープンポジションの件数は5月27日から6月3日の週で5190件を記録した。コインデスクは、過去最高値で前週の7%増にあたるとしている。

報道では、機関投資家のビットコインへの関心が高まった兆しともみられるとしている。

先月13日には、ビットコイン先物の取引量が3万3700(16万8385BTC相当)を記録したと報じられている。CMEはまた、2019年5月の1日当たりの平均取引高が過去最高の1万4000件を記録したと明かしている。

【関連記事:CMEのビットコイン先物契約数、過去最高を更新

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版