力強さに欠けるビットコイン、再び一時40万円台に 仮想通貨相場市況(11月27日)

26日夜から27日にかけて、再び弱い値動きであった。26日昼過ぎは46万円台をつけていたビットコイン(BTC)であったが、昼過ぎから日が変って27日深夜まで下落が続き、一時40万円台前半をつけた

その後やや反発する動きを見せたものの、結局力強さに欠け、27日17時45分前後では42万円台手前となっている。

ビットコイン/円チャート

(引用元:Tradingview BTC/JPY,1時間足,bitFlyer)

未だ低いRSI水準

ビットコイン/円チャート(RSI)

(引用元:Tradingview BTC/JPY,日足,bitFlyer)

1日足上で見ると、未だにRSIは10%台と低い水準にある。反転する兆しがまだ出ていないが、市場のセンチメントがこの10日ほどは非常に弱い。

テクニカル的には逆張りのシグナルと見て、ロングポジションを取る投資家も出つつあることが予測されるが、しかし相場は総悲観一色となっている。

本日のファンダメンタル材料

今日注目された仮想通貨に関するニュースとしては、海外の仮想通貨取引所大手バイナンス (Binance)が26日、「テザー(USDT)市場」とされていた区分を複数のステーブルコイン市場と統合し、「ステーブルコインマーケット(USDⓈ)」に改称した事と、仮想通貨ハードウォレット製造企業のレッジャー社が26日、機関投資家向けカストディサービス「レッジャーボールト」を展開する一環としてニューヨークに進出する事を発表した事の2つだ。

関連記事

ネム (NEM/XEM)が一時50%を超える大幅高、仮想通貨ビットコイン相場市況(11月12日)

 

コインテレグラフのLINE@アカウントができました!
毎日の仮想通貨ニュースまとめをLINEで配信してます!
こちらから登録してください!https://t.co/r9ZlA6PaWc pic.twitter.com/R9ovDWCw79

— コインテレグラフ⚡仮想通貨ニュース (@JpCointelegraph) 2018年10月31日