ステーブルコインは実行不可能な神話?カリフォルニア大学教授が指摘

 カリフォルニア大学バークレー校の教授は、11日に発行された新しい批評で、ステーブルコインが「神話」だと主張している。

 ステーブルコインは、テザー(USDT)などがよく知られている。経済学の教授であるバリー・アイケングリーン氏は、ステーブルコインは、例えば法定通貨などの準備金にペッグされているという理由だけで、自動的に「実行可能」なのではないと主張している。

 アイケングリーン氏は、ビットコインのような従来のボラティリティの高い仮想通貨は、商品やサービスに対する購買力が非常に不安定であることを意味すると述べ、以下のように続けた。

「ステーブルコインは、これらの問題を解決することを目的としている。ステーブルコインの価値は、ドルまたはそれに相当するもので安定しているので、計算単位や価値の保存の観点から魅力的である。単なる投機のための手段ではない。しかし、これはステーブルコインが実行可能であるということを意味しない」

 アイケングリーン氏は、このような資産は​​トークンの担保(完全、部分、無担保)の完全性に応じて3つのカテゴリーに分類でき、それぞれに弱点があると指摘している。

 例としてテザーでは、担保に関しては議論は出ているが米ドルと1対1の完全担保型である。準備金の維持費用がかかり、個人が利用するのにも不便と述べている。

「つまり、[テザー]モデルがスケールすることは明らかではないし、政府がそうさせるかも不明だ」

 仮想通貨業界には、ますます多くのステーブルコインが誕生してきている。中には伝統的な金融機関から出てきたものもある。今週、米国の規制当局は、ウィンクルボス兄弟のジェミニドルと、パクソス(Paxos)の2種類のステーブルコインを承認している。