仮想通貨ビットコイン関連ツイート 最も多い国は?【The TIE 調査】

世界のビットコインに関するツイートのうちほぼ40%が米国から来ていることが分かった。仮想通貨データ提供会社The TIEがツイッターで報告した

世界のビットコイン関連ツイートの38.9%は米国、10.5%が英国から来ている。トップ5は、米国、英国、カナダ、トルコ、インドの順番。日本はランク外だった。

(出典:The Tie「米国と英国以外のビットコインのツイート量」 ※黒ければ黒いほど多い)

また、ツイッターで仮想通貨に対してポジティブな意見が多い国は、ペルー、マレーシア、インドネシア、ベトナム、イタリアの順番だった。

一方、ネガティブな意見が目立つのがベネズエラ。マドゥーロ大統領が原油に連動する仮想通貨ペトロを立ち上げた国だ。ネガティブなツイートの割合は62%だった。ベネズエラに続いたのは、メキシコ、エストニア、ブラジル、アイルランドだ。

ただ、世界全体で見ると、ビットコインに対してポジティブなツイートの割合は59・8%。米国は61.5%で、世界平均を上回っている。

さらにThe TIEは、フェイスブックのリブラについても調査。当初は好意的な意見が多かったが、世界のツイートの54.8%がネガティブな意識を持っている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版