分散型金融(DeFi)プロトコルであるUniswapのガバナンストークンUNIが8ドルから6.8ドルまで22%下落した。その一方でYearn.finance(YFI)とイーサ(ETH)の価格が上昇した。

ローンチしてから48時間も経っていないUNIは、わずかな期間で1ドルから8ドルまで急騰していた。UNIトークンは足元では反落した形だが、取引高を見ると、トレーダーはより高値をターゲットにしていることを示唆している。

UNIの調整でYFIとETHは上昇

UNIはローンチ後にパラボリックな上昇を見せていたが、主要な取引所での資金調達率はネガティブに転じた。

トレーダーの大部分はFTX取引所にいたが、強い反落を見越してUNIを大幅にショートさせていた。これらのトレーダーは、Uniswapがユーザーにエアドロップした400UNIトークンのほとんどの所有者が、その価値が2640ドルに達した後に換金するだろうと考えているのかもしれない。

ローンチから5時間以内で、バイナンス、コインベースプロ、およびFTXはUNIを上場させた。これは、新しくローンチされたトークンが主要な取引所に上場するスピードとしては最速であり、一部の仮想通貨専門家は、これらの取引所が拙速に利益を追求するため、自身の上場基準に違反しているのではないかと疑いの目を向けている。

これらの取引所による迅速な上昇は、UNIの需要を急上昇させ、FTXでのネガティブな資金調達率は、ショートポジションの契約保有者が押し出されたため、上昇をさらに加速させた。

最終的に、UNIトークンはバイナンスで約8.6ドルに達し、その後、価格は6.5ドルまで22%調整され、7ドルまで戻った。これが発生すると、YFIの価格は31,158ドルから34,509ドルまで、約10%上昇した。

出典: Hsaka, TradingView.com YFIとUNIの価格の逆相関

UNIの価格が下落した直後、ETHも1%超と、わずかながら上昇した。

ツイッターで活動する仮想通貨アナリストのHsakaは、UNIとYFIのような主要DeFiトークンの間に逆相関があるのではないかと指摘している。Hsakaによると、これは多くのDeFiユーザーがUNIを取引していたことを示すが、UNIが上昇すると、その利益はトップのDeFiトークンであるYFIに循環することになった。

UNIの再上昇への期待

ローンチ後のUNIトークンの急騰は多くの投資家を驚かせたが、一部のトレーダーはさらなる上昇を予想している。

「DC Investor」と呼ばれるアアリストは、イーサリアムで最も使用されているアプリとして、UNIの強力なパフォーマンスは驚きではなかったと指摘している

「短期的な価格についてはあまりコメントできない。しかし、私は人々がUNIの急騰に驚いたことに驚いている。最も使用されているアプリであり、ビットコインよりも高い手数料で、多くのCEXよりも取引高が大きい、これはイーサリアムの最高のデモの1つだろう」

「Crypto Medici」と呼ばれるもう1人の仮想通貨トレーダーは、UNIがまだ過小評価されている可能性が高く、長期的には30億ドルから50億ドルの評価が見込まれると述べている

「UNIの価値は(保守的にみても)30億~50億ドルだが、それでも極めて過小評価されている。トークンの配布は素晴らしく、10億ドルを突破すれば、FOMOとなり、売却者が戻ってくるだろう」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン