マネートークン、ローン貸出額が7.7億円に達する

 マネートークンは仮想通貨を担保にローンを組めるサービスだ。マネートークンのサービスを使った貸し出し額が700万ドル(約7億7000万円)を超えたことがわかった。

 現在はビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・イーサリアム(ETH)を担保に、4種類の仮想通貨(USDT・DAI・BTC・ETH)を借りられる。今年夏にはサークルが発行するドル連動型の仮想通貨USDCにも対応する計画だ。将来的には、法定通貨の借り入れも可能にしたいとしている。

 関連記事:「仮想通貨を担保にローンを組める、マネートークン(MoneyToken)の登録・申請方法」

 利用状況を見てみると3月21日にローンチして以降、現在までに登録者数が9000人を超えた。

 担保として使用されている仮想通貨は、ETHが43%と最多であり、BCHが34%、BTCが23%と続く(BCHは現在ハードフォークの関係で、一時的に担保として利用不可)。

 また、貸し出されている仮想通貨はUSDTが460万ドル、ETHが180万ドル、DAIが60万ドルだったという。 平均借入期間は12日間、平均借入額は770ドルとなっている。

 同プロジェクトのアドバイザーであるロジャー・バー氏は、担保にされている仮想通貨の中でBCHがBTCより多いことについて次のように述べた。

「価値の保存手段として、すでにビットコインよりビットコインキャッシュの方がマネートークンで使われていることは興味深い」

 マネートークンのICOは6日に終了し、集めた資金をもとにさらなるプラットフォームの開発が加速されると予想される。またホワイトペーパーによると、マネートークンチームは仮想通貨投資が盛んであるアジアマーケット進出の意向を示している。アジア圏内の法定通貨の貸出対応が可能になれば、さらなる需要が期待できるだろう。

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資のアドバイスではない。

  • フォローはこちら: