仮想通貨取引所QUOINE運営のリキッド、米国市場進出のため合弁会社設立

仮想通貨取引所QUOINEを傘下に抱えるリキッド・グループは15日、米国市場進出のためにバーチャルカレンシーパートナーズ(VCP)と合弁会社を設立したと発表した。リキッドは先月に新たな資金調達の結果、企業価値が10億ドルを超えるユニコーン企業となっている。

新たな合弁会社は、Liquid Financial USA Inc. VCPは、フィンテックや仮想通貨業界に投資する投資家や起業家からなるコンソーシアムだ。リキッドは、「主要市場への参入の第一歩」と述べた。

先月、リキッドがユニコーンになった際、Quoineの代表取締役Head of CEO Officeである紺野勝弥氏は、調達した資金の使い道について「今後の海外展開の加速」をあげていた。

【関連記事:仮想通貨業界から日本で2社目のユニコーンが誕生! リキッド、企業価値が10億ドル超に

リキッドUSAが米国の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に登録されているIQX社を買収し、IQX社を通して米国市場へアクセスする。Liquid USAは現在、米国全土で規制当局の承認取得を目指しており、2020年1月までに米国の顧客にサービスを提供するためにチームを構築している。

リキッドグループの共同創業者・CEOの栢森加里矢氏は、合弁会社設立とIQX社の買収は「我々の米国における事業展開を約束するもの」とし、次のように述べた。

「米国は仮想通貨業界にとって世界最大の市場のひとつであり、米国市場でのサービス提供については我々のコミュニティや取引先企業・機関投資家から広く関心を寄せられています」

【関連記事:「日本の仮想通貨規制は世界をリード 」改正案がセキュリティートークン市場に追い風な訳とは?QUOINE幹部にインタビュー