米仮想通貨取引所クラーケン、法定通貨サポートにスイスフラン追加【ニュース】

米仮想通貨取引所クラーケンは、法定通貨サポートにスイスフラン(CHF)を追加する。12月5日にブログで述べた。12月6日に取引を開始する。

クラーケンはすでに、法定通貨では米ドル(USD)、カナダドル(CAD)、ユーロ(EUR)、英ポンド(GBP)、日本円(JPY)を提供している。今回、リヒテンシュタイン拠点の銀行バンク・フリックと連携して、スイスフランもサポートする。

クラーケンのチームは、スイスフランとビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)のペア取引を展開。今後さらなる取引ペアを追加する予定だとしている。

クラーケンは先月シルバーゲート・エクスチェンジ・ネットワーク(SEN)に参加すると発表。同取引所の顧客は、米ドルをシルバーゲート銀行の口座から手数料なしで入出金できるようになるとしていた。

【関連記事:米仮想通貨取引所クラーケン、シルバーゲート銀行のネットワークに参加へ

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン