コダックICOを延期 適格投資家審査で

 イーストマンコダックは30日、仮想通貨「コダックコイン」のローンチを延期すると発表した。同ICOは31日にスタートする予定だった。

 公式サイトによると、コダックが発行を計画していたコダックコインは米証券取引委員会(SEC)に証券として登録する義務は無いが、100万ドルを超える純資産か20万ドル以上の年収を持つ「適格投資家」のみがそのICOに参加できるというものだった。コダックによると、ICO参加を申し込んだ投資家の「適格性」を調査するために「数週間」が必要だとしている。同社によれば申請者の数は4万人に上る。

 米マーケットウォッチによれば、コダックは先月9日にICO計画を発表した後、同社株は3.1ドルから11ドル近くまで急騰した。しかし30日に延期が発表されると、株価は18%以上下落している。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー