仮想通貨取引所Bitgate、一部サービス停止【ニュース】

仮想通貨取引所Bitgateは12月3日からサービスを一部停止したと発表した。「サービス全般の内容を見直すべく。システム改修を含むその準備期間のため」としている。12月6日より、新規口座の開設手続き、現物取引における売買注文、証拠金取引における新規建玉注文を停止している。

日本円や仮想通貨の出金や、証拠金取引における決済注文については、引き続き利用可能としている。

仮想通貨交換業者Bitgateの親会社である東郷証券が清算の手続きに入った。10日付官報に解散公告が掲載された。19年2月期の事業報告によれば、東郷証券が親会社だ。

出典:10日付官報

東郷証券は今年8月、証券取引等監視委員会から行政処分を求める勧告が出され、関東財務職が登録取消などの行政処分を行った。

関東財務局の発表によれば、東郷証券の取締役で実質的経営者であり、商品デリバティブ取引を目的とするさくらインベスト社の実質的経営者であった林泰宏氏を含む3人が顧客8人に対してFX取引で生じた損失の一部を補填するため、合計で6970万円相当の利益を提供したという。