イタリアのワイナリー「ヴィニェーティ・マッサ」、ブロックチェーン技術でトレーサビリティ・真正性を保証【ニュース】

イタリア・ピエモンテ州のワイナリー「ヴィニェーティ・マッサ(Vigneti Massa)」が、ブロックチェーン技術により消費者がワインのトレーサビリティ・真正性を確認できるようにした、2018年ヴィンテージのワインを発売した。酒関連ニュースサイト「ドリンク・ビジネス」が1月22日に報じた

ドリンク・ビジネスによると、NFC(近距離無線通信)タグを栓(ワイン・クロージャー)に内蔵しており、NFC対応スマートフォンをかざすことで、ワイン産地・ブドウ園・由来などのトレーサビリティ情報ほか、テイスティングノートや専門家のレビューも確認できるそうだ。クロージャーにはワインボトルごとに設定しブロックチェーンに記録した識別コードが埋め込まれており、ワインの真正性も検証できるという。

ワイナリーの共同所有者ウォルター・マッサ(Walter Massa)氏は、これら機能の重要性について説明した。

「あまり話題にならない問題のひとつに、ワインの偽造がある。(中略)NFCシステムは、消費者に新しい体験を提供するだけでなく、偽造や『闇市場』との戦いを支え、ワインの真正性とトレーサビリティを保証する」

今回の仕組みは、アルコール飲料やオリーブオイル向けクロージャーなどを手がけるイタリアのグアラ・クロージャーズ(Guala Closures)が当初2016年に開発したソリューションを基に、ルクセンブルクのソフトウェア企業コンペリオとともに開発し、2019年1月に発表したもの。ヴィニェーティ・マッサは、同技術を採用したヨーロッパ初のワイナリー(世界では2番目)という。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:バドワイザーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ、ブロックチェーンでアフリカの農家ら支援へ

【関連記事:チュニジアのオリーブオイル生産者、ブロックチェーンで製品追跡へ | IBMのフードトラスト

【関連記事:ブロックチェーンとIoT、食品偽装対策コストを劇的に改善 「2024年までに4兆円以上削減可能」

【関連記事:食品大手ネスレ、乳児用粉ミルクの品質・原産地情報をブロックチェーン追跡システムで提供

【関連記事:習近平参加の試食会で利用 ヴィチェーンがブロックチェーン基盤の食品追跡システム発表

【関連記事:IBMとファーマー・コネクト、コーヒー豆追跡ブロックチェーンアプリ、デジタル技術見本市「CES」で実演