イスラエルのブロックチェーン企業スタークが34億調達、セコイヤやインテルが投資

イスラエルのブロックチェーン・スタートアップ「スタークウェア・インダストリーズ(StarkWare Industries)」は29日、3000万ドル(約33億7000万円)の資金調達ラウンドを完了したと発表した。インテルキャピタルやセコイヤUSAが出資した。

スタークウェア・インダストリーズは、2018年に設立され、ブロックチェーンにおける透明性の高いプライバシー、トランザクションスループットの向上、オフチェーン計算など、ソフトウェアとハ​​ードウェアの両方を開発している。同社はゼロ知識プロトコルSTARKを提供している。STARKは、ブロックチェーン分野のプライバシーとスケーラビリティの問題に対処するのを目的としている。

スタークウェア・インダストリーズによる3000万ドルの資金調達ラウンドでは、仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)の共同設立者フレッド・エールサム氏が設立した仮想通貨ヘッジファンドであるパラダイムがリードし、その他の参加者にはアトミコ、DCVC、ウィング、コンセンシス、コインベースベンチャーズ、マルチコインキャピタル、コラボレイティブファンド、スカラーキャピタル、セマンティックベンチャーズなどがいた。

今回の資金調達は、5月に完了した600万ドルのシードの資金調達ラウンドに続くもので、当時の投資家にはイーサリアム創始者のヴィタリック・ブテリン氏、テゾスのアーサー・ブレトマン氏、NEOのDa Hongfei氏、世界有数のマイニング企業ビットメイン(Bitmain)社などがいた。

セコイヤは以前から暗号通貨とブロックチェーンのスタートアップ企業をサポートしている。昨年、同社はサンフランシスコに本拠を置く仮想通貨ヘッジファンド「メタステーブルキャピタル」に投資。それ以前には、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通じて他のブロックチェーン企業への投資を専門とするポリーチェーン・キャピタルに投資している。

今年7月、セコイヤは他のブロックチェーン関連企業とともに、中国のブロックチェーンのスタートアップ「ネルボスネットワーク」に投資した。ネルボスは、調達資金で製品やエンジニアリングチームを拡大し、戦略的パートナーシップを形成するという。また、セキュアなパブリックブロックチェーンとアプリケーションチェーンを組み合わせたハイブリッドソリューションを提供することを目指している。

コインテレグラフのLINE@アカウントが誕生!
毎日の仮想通貨のまとめニュースの他、注目動画コンテンツの配信を予定しております。
こちらからご登録お願いします!