「ゴールドと官製仮想通貨ペトロに投資を」ベネズエラのマドゥロ大統領がTVで呼びかけ

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は18日、貯蓄する際はゴールドと官製仮想通貨ペトロ(El Petro)を選択するよう労働者に呼びかけた。地元ニュースの Noticiero Digitalが伝えた

テレビ放送では、マドゥロ大統領は、「今後数週間で、労働者は現行の法定通貨ソブリン・ボリバルではなく、ペトロでボーナスを受け取るだろう」と述べた。

ペトロは、正式に開始されて以来、国内外からの複数の疑惑を引き起こしてきた。批判は、仮想通貨の時価総額よりも大きな負債がある国営石油会社の裏付けからきている。テクノロジー雑誌ワイアード(Wired)はペトロの状況を調査し、ペトロは「別の詐欺の上位に位置する詐欺」と書いた。

マドゥロ氏は、新しいボーナス・スキームは「支払いのあるべき姿」であると述べ、TVの視聴者に対しても貯蓄はゴールドとペトロで行うよう要求した。

「ボーナスの一部をゴールド貯蓄計画に投資することを労働者に求め、家族経済を強化するためにペトロに投資するよう求める」

マドゥロ氏は最近、ベネズエラの仮想通貨取引所6カ所を承認し、ペトロの取引を開始するようになったと発表している。