IMFのラガルド専務理事、仮想通貨には「プラスの可能性」

 国際通貨基金(IMF)のクリスティン・ラガルド専務理事は、16日に仮想通貨の「プラスの可能性」を評価するブログ記事を投稿した

 今回ブログは、約1月前のブログ記事で「仮想通貨のダークサイド」を取り上げたのから一転し、「ビットコインのような仮想資産」がもたらしうる利益に焦点を当てたものになっている。

 ラガルド氏は「仮想資産に ついて 賢明な 考察を行うことで、 仮想資産 に対する不当な 糾弾と、根拠のない期待との両方を防ぐことができるでしょう」と書いている。

 仮想通貨を使った不正行為への対応が必要なことを述べつつ、ラガルド氏はイノベーションを前進させるためには「公正なアプローチ」が重要であると強調する。

現実的な脅威と不要な懸念とを区別するうえでは、仮想資産が金融安定性にもたらしうるリスクを理解することが極めて重要です。そのために、イノベーションを妨げることなくリスクからの保護を提供する、公正な規制アジェンダが必要なのです。

 そして、「現実を明確に見据えたアプローチは、仮想資産の新たな環境がもたらす利益を活用し、リスクを避けるために、有益な役割を果たします」と述べる。

  • フォローはこちら: