「暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金(現金化)するには、どうすれば良いんだろう...」

「ビットコインを現金化する方法が知りたいな…!」

上記のような疑問にお答えすべく、今回は「ビットコインを換金する方法」についてご紹介していきます!

結論を言ってしまうと、暗号資産(仮想通貨)の換金は取引所が最も手軽でおすすめです。

今回の記事では、暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する方法やコツを分かりやすく解説していきます。

本記事を熟読すれば、ビットコインを現金化する方法をバッチリと理解することができますよ!

また複数の取引所に登録して資産を分散させた方がより安全です!

ざっくり言うと...

暗号資産(仮想通貨)を換金する方法は「暗号資産(仮想通貨)取引所で換金する」「プリペイドカードを使う」「暗号資産(仮想通貨)ATMで換金する」といったものが挙げられる。

その中でも「暗号資産(仮想通貨)取引所で換金する」は最もお得で効率良く安全に行える方法。

暗号資産(仮想通貨)取引所の中で、手数料を抑えて換金することができ、かつ安全性が高いのは「Coincheck」「bitFlyer」「DMM Bitcoin」の3つが挙げられる。

中でも「暗号資産(仮想通貨)の換金手数料無料」を誇るCoincheck(コインチェック)が最もおすすめ。

取引手数料ももちろん無料で、親会社は一部上場企業のマネックスグループ!暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金するなら、Coincheckは登録必須な取引所!

Coincheckの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを日本円に換金する3つの方法

この項目では、暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを日本円に換金する3つの方法について確認していきます!

結論を言いますと、最もかんたんなビットコインの換金する方法は「暗号資産(仮想通貨)取引所で換金する」という方法です。

日本円に換金できる3つの方法

1.暗号資産(仮想通貨)取引所で換金する

2プリペイドカードを利用して換金する

ビットコインATMを利用する

方法①:暗号資産(仮想通貨)取引所で換金する

暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する1つ目の方法は、暗号資産(仮想通貨)取引所で換金する方法です。

仮想通貨取引所とは?

日本円を使い、暗号資産(仮想通貨)の売買ができるサービスのこと。

暗号資産(仮想通貨)取引所を使うことで、保有している仮想通貨を日本円に交換することができます!

暗号資産(仮想通貨)取引所の比較をしたいという場合には「仮想通貨取引所比較ランキング」、暗号資産(仮想通貨)投資をしたいという場合には「ビットコインの今後」か「仮想通貨リップルの今後」を読んで流れを掴んでおくと良いでしょう。

交換する金額が高額な場合でも対応でき、他の暗号資産(仮想通貨)への交換も可能です。

暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する場合は、換金を行う際の「取引手数料」が必要になります。

以下の表で、国内の各取引所の手数料を比較していきましょう!

※DMM Bitcoin:BitMatch取引手数料を除く

先述した通り、暗号資産(仮想通貨)の換金を行う場合は「取引手数料」が必要となります。

国内取引所ではほとんど全ての取引手数料が無料となっております。

中でも、もっとも多くの方に選ばれているのは「Coincheck(コインチェック)」です。

運営会社は東証一部上場企業「マネックスグループ」ですので、安全性も抜群。

国内最多である「14種類」もの通貨を取り扱っており、全ての通貨を「手数料無料」で取引することができますよ!

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの登録はこちら

方法②:プリペイドカードを利用して換金する

暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する2つ目の方法は、プリペイドカードを利用して換金する方法です。

国内でも利用できるものとしては、「バンドルカード」などが挙げられます。

バンドルカードはプリベイド式のカードであり、加盟店であれば支払いなどに利用することが可能です。

また、ビットコインを使うことで、バンドルカードの残高にチャージをすることができます。

ただし、バンドルカードから現金を引き出すことはできません。

ビットコインを現金化したい人には、あまり適していない方法と言えるでしょう。

方法③:ビットコインATMを利用する

暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する3つ目の方法は、ビットコインATMを利用して換金する方法です。 

ただし国内ではマネーロンダリングなどの防止の観点から、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)に対応したATMはそれほど多くありません。

上記の図は、ビットコインATMが設置されている国を示した地図になります。

2020年現在では、全国に設置されているビットコインATMの数は約9000台ほど。

中でも、日本で設置されているビットコインATMの数は未だ「0台」となっております。

以前は東京などにビットコインATMが設置されていましたが、現在は全て撤去されております。

今後暗号資産(仮想通貨)の利用が一般的になるにつれて、ビットコインATMなど暗号資産(仮想通貨)対応のATMも増加することが見込めるでしょう!

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを換金するベストなタイミングは?

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインは換金するタイミングも重要です。

良いタイミングで暗号資産(仮想通貨)を換金することができれば、うまく利益を上げることもできますよ!

この項目では、お得に換金できるベストな2つのタイミングを紹介していきます。

換金にベストの2つのタイミング

1.暗号資産(仮想通貨)の価格が高騰した時

2.暗号資産(仮想通貨)にとって良いニュースが流れた時

①:暗号資産(仮想通貨)の価格が高騰した時

換金でベストな1つ目のタイミングは、暗号資産(仮想通貨)の価格が高騰した時です。

高騰したタイミングで売却することで、より多くの日本円を手に入れることができます。

ただし、暗号資産(仮想通貨)は価格の変動が激しく、高騰したかどうかの見極めがとても難しいです。

そのため、換金したい目標とする日本円の金額を決めて、その価格まで高騰した時に交換すると良いでしょう。

また、価格が高騰した後にその上昇が緩やかになったタイミングも、その後の下落が見込めるためおすすめです!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの登録はこちら

②:暗号資産(仮想通貨)にとって良いニュースが流れた時

換金でベストな2つ目のタイミングは、暗号資産(仮想通貨)にとって良いニュースが流れた時です。

暗号資産(仮想通貨)の市場では、価格に影響を与える良いニュースや悪いニュースが行き交っています。

良いニュースが出たタイミングでは、価格の上昇も期待することが可能です。

そのため、良いニュースが出て価格が上昇したタイミングで換金すれば、より多くの日本円を手に入れることができます。

こうした点からも、良いニュースが出たタイミングはおすすめの換金時の1つと言えるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所で日本円に換金する方法

先ほども紹介しましたが、暗号資産(仮想通貨)の換金は取引所が最もおすすめです。

ここからは、取引所で交換する具体的な手順を2ステップで紹介していきます。

日本円に換金までの2ステップ

1.暗号資産(仮想通貨)を売却する

2.銀行口座への出勤申請を行う

ステップ①:暗号資産(仮想通貨)を売却する

ステップ①は「暗号資産(仮想通貨)を売却する」です。

売却方法は取引所によっても異なりますが、どの取引所でもさほど難しくはありません。

以下はCoincheckでの売却手順ですが、銘柄を選択し数量を入力するだけで簡単に売却することができます。

売却が完了すれば、ビットコインを日本円に交換できたことになります。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの登録はこちら

ステップ②:銀行口座への出金申請を行う

ステップ②は「銀行口座への出金申請を行う」です。

ステップ①の売却で得た日本円を、自身の銀行口座へ出金します。

自分の口座情報を登録して出金したい金額を申請をするだけなので、こちらも簡単に行うことができます。

また、取引所によっては出金額に応じて手数料が発生する場合があります。

注意点として覚えておきましょう。

ビットコインATMで暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する方法

ここからは、ビットコインATMで暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金する方法を確認していきましょう。

ATM換金までの2ステップ

1.ウォレットを準備する

2.ビットコインATMを操作して換金する

ステップ①:ウォレットを準備する

ステップ①は「ウォレットの準備」です。

ウォレットとは?

暗号資産(仮想通貨)を保管するデジタルなお財布のようなもの。

ウォレットを使うことで、暗号資産(仮想通貨)の保管だけでなく送金も可能となります。

ウォレットを準備し、必要に応じて自身が保有している暗号資産(仮想通貨)をウォレットへ送金しましょう。

既にウォレットを所有しており、暗号資産(仮想通貨)も保管されている場合はこのステップは省略可能です。

ステップ②:ビットコインATMを操作して換金する

ステップ②は「ビットコインATMを操作して換金する」です。

利用するATMによっても手順は若干異なりますが、全体的な流れは以下のようになります。

ATMでの換金の流れ

1.指紋認証やSMSで本人確認を行う

2.QRコードを読み取り暗号資産(仮想通貨)を送金する

3.日本円に交換して出金する

上記の流れで、ATMでの仮想通貨の交換は完了します。

【厳選】暗号資産(仮想通貨)を換金するためのおすすめ取引所ランキング

暗号資産(仮想通貨)を換金するのであれば、取引所が最も手軽でおすすめです。

また、取引所は信頼性の高いものを選ぶことで、安心して自分の資産を預けることができます。

加えて、複数の取引所に登録し資産を分散することで、ハッキングなどの万が一の事態にもリスクを下げることが可能です。

そこでこの項目では、金融庁認可済みのおすすめ取引所をランキング形式で紹介していきます。

暗号資産(仮想通貨)は取引所がおすすめな理由

信頼性の高い取引所を選ぶことで資産運用がより安全に!

複数の取引所に登録することで資産運用のリスクを分散!

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴

マネックス証券などを手掛ける一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持つ取引所

「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、コストがかからない!

スマホアプリがダントツで使いやすく、その人気さ故にダウンロード数は既に260万を突破!

取り扱い通貨数は国内最大のなんと「12種類」を誇っている!

おすすめ取引所の第1位は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheckは全12種類の豊富な種類の仮想通貨を取り扱っています。

そのため、多くの仮想通貨を日本円に交換することが可能です。

また、アプリが使いやすい点も大きな魅力の1つです。

実際にこのアプリはダウンロード数No.1、AppStoreでは星4.3の高い評価を獲得しています。

より手軽で簡単に仮想通貨を換金したい人には、Coincheckがおすすめです!

 

 >>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの登録はこちら

おすすめ第3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMMBitcoinの特徴

「DMM FX」などのサービスを展開している大手企業「DMM.comグループ」によって運営されている暗号資産(仮想通貨)取引所

「取引手数料」「入金手数料」はもちろんのこと「出金手数料」「送金手数料」までもが無料!コストがかからない!※BitMatch取引手数料を除く

レバレッジ取引に特化しており、合計で11種類もの暗号資産のレバレッジ取引に対応!

初心者の方でも安心して取引できる!

キャンペーン中の今なら、新規登録するだけでもれなく「1,000円キャッシュバック」を受けることができる!※キャンペーンは2021年4月1日まで

おすすめ取引所の第2位は「DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)」です。

DMM Bitcoinは大手企業DMM.comが運営元の親会社となっています。

信頼性は非常に高く、安心して自分の暗号資産(仮想通貨)を預けることが可能です。

換金方法が分からない場合も、問い合わせですぐに解決することが可能です。

またキャンペーン中の今なら、新規登録するだけでもれなく「1,000円キャッシュバック」を受けることができます!

キャンペーン期間中の今のうちに、サクッと無料口座開設を済ませておきましょう!

 >>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

おすすめ第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

2014年からサービスを開始している、国内でも抜群の知名度を誇る取引所

合計で「8種類」もの通貨を取り扱っており、幅広いビットコイン・アルトコインを取引することができる

bitFlyer Lightning」という機能を用いれば、ビットコインのレバレッジ取引も超カンタン!

そのほか「ビットコインをもらう」という独自機能を使えば、買い物やサービス利用でおトクにビットコインがもらえる!

おすすめ取引所の第3位は「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

bitFlyerは仮想通貨サービス利用率で国内No.1の実績を持つ取引所です。

提供するサービスは多くのユーザーから支持され、利用されています。

また、アプリの使い勝手が非常に良く、AppStoreでも星4.3の高い評価を獲得している点も魅力です。

Coincheckとbitbankと合わせて、仮想通貨を換金するのであれば必ず登録しておきたい取引所と言えますね!

>>>bitFlyerの公式サイトはこちら

bitFlyerの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを換金した時に税金はかかるの?

結論を言いますと、暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金した場合でも、課税されます。

そもそも暗号資産(仮想通貨)取引に関しての税金は「暗号資産(仮想通貨)を法定通貨に戻したタイミング」で課税されることが決定されています。

暗号資産(仮想通貨)の取引で利益が出ていた場合のみ、利益分に課税が行われることになります!

例えば、「1BTC=100万円」でビットコインを購入し、その後「1BTC=110万円」で売却したと想定すると、

110万円(売却金額) - 100万円(購入金額) = 10万円(利益)
となり、暗号資産(仮想通貨)取引の利益分である「10万円」に対して課税が行われます。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインの利益は「雑所得」に分類される

ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資で得た利益は「雑所得」に分類され、上記の表の通りに課税されることになります!

雑所得は、所得金額が多くなるにつれて課税金額が増える「累進課税方式」となっています。

ですので、暗号資産(仮想通貨)を日本円に換金しかつ多額の利益が出ている場合は、課税金額が大きくなる可能性が高いです。

換金した日本円は全て使用せず、確定深刻で税金を収める時のために取っておく必要がありますので、十分に気をつけましょう!

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを日本円に換金する方法 まとめ

以上、暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを日本円に換金する方法について解説してきました。

あらためて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)換金のまとめ

暗号資産(仮想通貨)を換金するなら取引所が最も手軽でおすすめ

・リスクを分散させるためにも、複数の取引所への登録は必須。

・暗号資産(仮想通貨)の換金におすすめの取引所は、「Coincheck」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」の3社。

・中でも、もっとも多くの方に選ばれているのは「Coincheck(コインチェック)」です!

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの登録はこちら

今回紹介したように、暗号資産(仮想通貨)は取引所での換金が最もおすすめです。

信頼性の高い取引所に複数登録しておくことも、リスク分散をする上で重要です!