仮想通貨資産運用のグレイスケール、過去最高の運用資産2920億円を達成=19年2Qレポート発表

米国の仮想通貨資産運用会社グレイスケール・インベストメンツが7月16日、過去最高の運用資産額27億ドル(約2920億5000万円)を達成したと発表した

グレイスケールが7月16日に発表した2019年第2四半期のデジタル資産投資報告書によると、同社は27億ドルを超える資産を運用しているという(2019年7月15日現在)。この数字は前四半期以降、同社が管理している資産がほぼ3倍になったことを示すそうだ。

(グレイスケールの2019年第2四半期のデジタル資産投資報告書によると、 同社は27億ドルを超える資産を運用しているという(2019年7月15日現在)出典: グレイスケール・インベストメンツ

グレイスケールは、2019年第2四半期の単一資産商品および分散投資商品への投資総額は8480万ドル(約92億円)で、前四半期の2倍近くに達したと述べた。また同社は、最近の仮想通貨急騰の主な要因は、新規投資にあるとコメントした。

2018年7月以降、全投資家のうち、機関投資家がグレイスケール商品の総需要の84%を締め、最も高い割合となった。またアルトコインへの投資も急増し、アルトコイン取引は第1四半期が1%だったことに対して、第2四半期の流入の24%を占めた。

(アルトコインへの投資も急増し、アルトコイン取引は第1四半期が1%だったことに対して、第2四半期の流入の24%を占めた 出典: グレイスケール・インベストメンツ

また顧客による投資の約70%は、投資家がすでに保有している仮想通貨をグレイスケールの商品の株式に変換するものとなっているという。第2四半期は、同社の10種類の投資商品において好調な業績となったと述べた。

(投資の約70%は、投資家がすでに保有している仮想通貨をグレイスケールの商品の株式に変換するものとなっている 出典: グレイスケール・インベストメンツ

(第2四半期は、同社の10種類の投資商品において好調な業績となった 出典: グレイスケール・インベストメンツ

【関連記事:仮想通貨資産運用会社グレイスケールのビットコイン信託、「全ファンドの中で成績トップ」

【関連記事:米仮想通貨資産運用グレイスケール、ビットコイン信託の私募を再開


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版