ゴールドマンサックスやJPモルガン、企業向けブロックチェーン会社に36億円投資

 企業向けブロックチェーンのスタートアップAxoni社は、ゴールドマンサックスやJPモルガンなどから3200万ドル(約35億6000万円)を調達した。フォーブスが14日伝えた

 シリーズBラウンドでは、ゴールドマンサックスやNycaパートナーズ、ウェルズ・ファーゴ、JPモルガン、シティーグループ、アンドレセン・フォロウィッツなどが参加。今回のラウンドと合わせてAxoni社は計5500万ドルを調達している。

 Axoni社の共同創業者グレッグ・シュベイ氏は、今回の資金調達は、ディープな戦略的同盟を作るという意味合いも表していると述べた。投資家らは、伝統的な金融機関である自身に対しブロックチェーンを適用させるなど改革をはかっている。

 ゴールドマンサックス、JPモルガン、シティーグループは、既にAxoniのブロックチェーンプラットフォームであるAxcoreを試し、株デリバティブを取引したという。Axoniは2016年に設立されたニューヨーク拠点のスタートアップ。調達した資金は既存のクライアントのユーザーが利用することになる3つの分散型台帳の開発に充てられる。まもなく完成する見込み。

 Axoni最大のプロジェクトは、米国の証券保管振替機関DTCC、IBM、R3とのものだ。トレード・インフォメーション・ウェアハウス(TIW)をAxcoreのブロックチェーンでデリバティブ処理をするために、リプラットフォームしようとしている。