ドイツ銀行、JPモルガンの国際送金システムに参加 | 仮想通貨JPMコインと同じブロックチェーン基盤、他の大手行も追随か

ドイツ銀行がJPモルガンのブロックチェーンを使った決済サービス「銀行間情報ネットワーク(IIN)」に参加した。フィナンシャル・タイムズが15日に報じた。IINはクロスボーダー(国をまたいだ)送金分野でリップル社やSWIFTとライバルになると見られている。

IINは、クロスボーダー送金において顧客企業同士の情報交換を促す。3月時点では185以上の銀行が参加を表明していたが、JPモルガンの元々の顧客や小規模な銀行に限られていた。

ドイツ銀行の決済部門トップ、タキス・ジョーガコポウロス氏は、次のようにIIN参加の意義を話した。

「ドイツ銀行は、他の複数の大手銀行に先駆けてIINに参加することになると望んでいるが、IINによって偏在性がもたらされると良いと思う。偏在性がこのネットワークの成功の必要条件だ」

同氏によると、年末までにIINは400行の参加を目指しており、大手銀行の参加も見込まれている

IINはJPモルガンが開発中の独自仮想通貨JPMコインと同様にイーサリアムのプライベートネットワークである「クオラム(Quorum)」を基盤にしている

【関連記事:JPモルガンの独自仮想通貨 最新情報がツイッターに流出か SWIFTやリップルへの対抗意識鮮明に?

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版