ドイツ取引所がHQLAxと提携、R3のブロックチェーン技術を導入へ

 ドイツ取引所グループは、R3のCordaブロックチェーンのプラットフォームを使ったHQLAxと共同で、証券貸付のためのブロックチェーンベースのプラットフォームをリリースする。ドイツ取引所が26日に発表した。

 金融・経済ニュースのファイネンス・マグネイトは、この提携で「高品質の流動資産のより効率的な担保管理を促進するために、完全に統合されたフロント・バック・オペレーション・モデル」を作ると書いている。

 ドイツ取引所のエグゼクティブ・マネージャー、フィリッピ・セイル氏によると、ドイツの証券取引所とHQLAxの提携により「革新的手段を通じて、今日の証券貸付市場の主要問題のいくつかに取り組む」ことができるという。

ドイツ取引所は,中立的カストディーに不可欠なコントロールレイヤーを作ることで、分散型台帳技術を採用し、複数のカストディーや担保エージェントに開放された中立で信頼できる市場インフラを補完する。このようにドイツ取引所は、市場参加者が最先端の分散型台帳技術のメリットを享受しつつ、グローバルな規制枠組みに対応することをサポートしていく。

 クレディ・スイスとINGは3月初旬、HQLAx のCordaブロックチェーンのプラットフォーム上で有価証券の取引を初めて行った

  • フォローはこちら: