米GE:ブロックチェーンスタートアップに投資 IoT関連のセキュリティー開発

 ゼネラル・エレクトリック(GE)のベンチャーキャピタル部門は、エネルギーから建物管理に至る業界向けに独自のセキュリティーの仕組みを開発するために、ブロックチェーンスタートアップ、セージ・セキュリティー(Xage Secuity)の1200万ドルの投資ラウンドに参加した。23日付のプレスリリースで明らかとなった。

 マーチ・キャピタル・パートナーズが指揮する1200万ドルのシリーズAファンディングラウンドには、GEベンチャーズ、およびシティー・ライト・キャピタルやネクスター・パートナーズも参加している。

 セージ社はブロックチェーンを活用し、エネルギーや電気通信、公益事業、建物管理、製造現場といった分野で、インフラとデバイス間で改ざん防止のコミュニケーションを可能にする技術を開発している。セージ社はGEリニューアブルズとも協力して、「モノのインターネット(IoT)」などのテクノロジーを利用して国際的インフラを「再建する」ことを目指す。

 GEや他のパートナーは、「(サージの)セキュリティーソリューションを拡張し、産業やサービスプロバイダーの効率性と国際的な運用を高める(産業用モノのインターネットの)配備を可能にする」ことに協力する、とプレスリリースで説明している。

 GEは以前から他の部門でもブロックチェーンテクノロジーの可能性を探ってきており、この動きはGEのブロックチェーンへのさらなる信頼を示すものだ。

 例えば今年2月にGEは、エネルギー業界への「産業用台帳」の可能性について言及していたほか、3月にはGEトランスポーテーションが、ブロックチェーン団体に加盟している