まるで仮想通貨版のフォートナイト 相手を撃ってビットコイン稼ぐバトルロイヤルゲームが出現 【ニュース】

ビットコイン関連のゲーム開発企業サトシズ・ゲームスは、人気ネットゲーム「フォートナイト」に倣ってライニングネットワークの少額決済機能を使って遊ぶゲーム「ライトナイト」を発表した

ライトナイトは、ビットコインを使ったバトルロイヤルゲーム。「他のプレイヤーを撃つことでビットコインを稼ぎ、撃たれるとビットコインを失う」。ゲーム内のアイテムは、ビットコインや現金で購入できる。また死亡したプレイヤーからも入手可能だ。

さらにゲーム内で入手可能はアイテムの一部は、ビットコインに交換可能だ。

プレイヤーのビットコイン残高はリアルタイムで反映される。プレイヤーがゲームをやめればすぐに残高をライトニングネットワークを通して引き出すことができる。

サトシズ・ゲームスは、仮想通貨を知らない人たちに対してビットコインで実験する機会を提供したいと話している。

「ビットコインを持っていない人は、ビットコイン機能を持たないモードで遊ぶことができる。最終的に彼らはビットコインを使った高度な対話に引きつけられて、この革新的な技術を実験することになる。我々がビットコイン普及に貢献をする1つの方法だと思っている」

ライトニングネットワークは、ビットコインのスケーラビリティー問題を解決するために開発中の技術。取引スピードの改善や手数料削減、マイクロペイメント(小額決済)の実現を目指している。メインのブロックチェーン外に構築される決済ネットワークで、オフチェーン技術とも言われる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版