元FRB理事候補、ステーブルコイン発行へ 米ドルに対抗意識【ニュース】

トランプ大統領の元経済アドバイザーであるステファン・ムーア氏がステーブルコインの発行を計画している。フォーチュンが21日に報じた

ムーア氏は、フラックス(Frax)と呼ばれる新たなステーブルコインを発行する。裏付けとなるのは、米ドルの部分準備金。米ドルと1対1で連動するのではなく、準備金を貸し出して稼いだ利子を持って1ドル付近に価格が安定するようにする。

エヴァーペディア共同創業者サム・ケイズミアン氏と共同でフラックスを手がける。

発行日は今後数カ月以内。不正に書き換えられないパブリックな記録を保証するブロックチェーン上で発行される。

ムーア氏は、以前トランプ大統領にFRBの理事に指名されたことがある。

今回のステーブルコインについて、国がバックについているお金の代替を目指すと主張した。

私は金融政策を30年間みてきたが、いつも政府の通貨に対する独占に辟易してきた。マーケットにとっても健全ではない。(中略)もし私がFRBにいたとしたら、フラックスのような通貨の発展に勇気付けられていただろう。逃げの通貨に対するチェック機能を果たす。」

以前ムーア氏は、フェイスブックのリブラについて「中央銀行に新たな課題をもたらすから面白い」と評価していた

【関連記事:トランプ米大統領の元経済アドバイザー フェイスブック仮想通貨「リブラ」を支持

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版