時価総額第5位の仮想通貨EOS、メインネットが稼働目前

 EOSのメインネットは協定世界時で9日午後1時に始動する予定となっていた。前日8日に行われたライブストリーミングでの投票の結果で決まった。EOSブロックチェーンのいわゆる「ブロック・プロデューサー」(ビットコイン・ブロックチェーンにおけるマイナーに相当)の候補者たちが、最新の投票セッションで「実施」に投票した結果、EOSメインネットが協定世界時の9日午後1時に稼働することになった。EOSコミュニティは本記事の発表時点で、まだ始動が成功したことを確認していない。

 EOS Go @go_eos EOSの始動準備完了!ブロックチェーンは土曜の協定世界時13:00に始動する予定だ。行け、EOS !

 このニュースが報じられたのは、EOSを作成したブロックチェーン・ソフトウェア開発企業block.oneが、ブロックチェーンプロトコルである「EOSIO」のバージョン1.0を一般公開した1週間後のことだった。EOSIOというソフトウェアは、企業レベルの事業や「コミュニティ駆動型」事業がスケーラビリティを有するブロックチェーン・ベースのアプリケーションを構築できるように設計されている。

 EOSIOは分散型アプリケーション(DApps)を構築するためのプロトコルとしてイーサリアム(ETH)と直接競合すると予想されている。またEOSIOは先週、新たな資金援助を受けている。block.oneはEOSIO 1.0を一般公開したのと同日、EOSIOの「エコシステム」を発展を支援すべく、5000万ドル(約55億円)のファンドを立ち上げると発表した。これはロンドンを拠点に活動するブロックチェーン投資会社のSVKクリプトと提携関係を結んで行われる。

 コインテレグラフは1日、EOSが1年間のトークンセールを終え、40憶ドルという記録的な金額を集めて史上最大のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)となったことをつたえた

 EOSは現在、時価総額128憶ドルで第5位の仮想通貨となっている。このコインは本記事発表時点までの過去24時間で3%余りの成長を遂げており、14.37ドルで取引されている。