テザーの共同創設者 ステーブルコイン関連のベンチャーに参加

テザー(USDT)の共同創設者であり、仮想通貨取引所ビットフィネックスの元最高戦略責任者だったフィリップ・ポッター氏が、ステーブルコインの清算機関を作るプロジェクト「ステーブルハウス(Stablehouse.io)」の諮問委員会に加わった。5日に発表された。

ステーブルハウスは、仮想通貨ファイナンス企業のXBTOが手掛けており、ステーブルコインの中央清算機関として機能することを目的としている。ステーブルコインとは、法定通貨で担保されているか、もしくはアルゴリズムで裏付けれているタイプの仮想通貨で、ボラティリティが低い。

ステーブルハウスは、USDTやGUSD、PAX、USDCやDAIといったステーブルコイン(もしくは将来追加されるもの)との交換や取引を円滑にする中央機関として機能することと引き換えに、一定の手数料を投資家に請求するという。

XBTOの創業者兼CEOであるフィリッポ・ベクハズ氏が新しいプロジェクトの暫定CEOに就任する予定。ポッター氏と並び、ステーブルハウスの諮問委員会にはブロックストリームのサムソン・モー氏なども含まれるという。

ステーブルハウスはバミューダに本社を置く予定だ。バミューダの金融規制当局から、デジタルアセットのビジネスライセンスの取得を目指すという。