強気派なら「ポートフォリオの6%をビットコインにすべき」=全米経済研究所(NBER)の論文

 多くのノーベル経済学賞受賞者が在籍する全米経済研究所(NBER)が、ビットコイン強気派ならポートフォリオに6%のビットコイン(BTC)を保有することが望ましいという論文を発表した

 「仮想通貨のリスクとリターン」と題されたこの論文は、イェール大学のアーレ・チビンスキー教授とユーキン・リウ氏が共同で執筆。「ポートフォリオにどのくらいの仮想通貨を組み込むべきか」という問いにポートフォリオ選択の数理モデル「ブラックリッターマン・モデル」を使って答えた。二人はまず、次の4つのシナリオを想定した。

投資家が
(1)ビットコインが年間で他の資産を30%上回ると想定している時
(2)ビットコインが年間で他の資産を50%上回ると想定している時
(3)ビットコインが年間で他の資産を100%上回ると想定している時
(4)ビットコインが年間で他の資産を200%上回ると想定している時

 ちなみにビットコインは、歴史的に年間で他の資産を約200%上回って推移してきたという。

 そして二人は、それぞれのシナリオにおいて投資家はポートフォリオにどのくらいビットコインを組み込むべきか、算出した。

ポートフォリオにおける望ましいビットコインの比率
(1)1%
(2)1.6%
(3)3.1%
(4)6.1%

 論文では、仮想通貨が「ほとんどの株式市場やマクロ経済要因の影響」を受けないと指摘。「仮想通貨の価格は仮想通貨市場に特有な要因によって予測できる」と分析している。仮想通貨のリターンが、ブロックチェーン技術との関わりや通貨としての価値の尺度、貴金属と同じような価値貯蔵手段としての機能によって決まるとする通説に疑問を呈し、実際はモメンタムと投資家の注目度で予測できると結論づけた。

参考記事
仮想通貨の価格は仮想通貨特有のファクターから予測すべき=イェール大学