ツイッター利用者の心理で仮想通貨トレード戦略決定、eToroとザ・タイが発表 |現在はダッシュやXRP(リップル)が上位割り当て

トレーディングプラットフォームeToroは、仮想通貨データ企業のザ・タイ(The Tie)と提携して、ツイッター利用者の心理に基づいた仮想通貨トレード戦略を発表した

ザ・タイ ロング・オンリー コピー・ポートフォリオ」と名付けられた戦略は、eToroの利用者のみが使える。eToroはまだ日本に進出していない。

1日に850万のツイートを機械学習や言語プロセシングモデルを使って消化。ツイッター上のポジティブな心理とネガティブな心理を数値化する。新たな戦略はポジティブな心理をベースに作られ、1ヶ月に1回アルゴリズムを使って調整されるという。

現在、ザ・タイ ロング・オンリーの資産配分は、ダッシュ、EOS、XRP、MIOTA、ETCとなっている。

(出典:eToro「ザ・タイ ロング・オンリー コピー・ポートフォリオ」)

ダッシュは、昨日にバイナンスUSが上場させる方針を発表。XRPは10月に入って20%以上もプラスとなっている

eToroの米国マネージングディレクターのガイ・ハーシュ氏は、「仮想通貨と分散型技術の精神の下、機関投資家が使うツールを全ての投資家に与えることは条件の平等と投資の民主化につながると信じている」と述べた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版