イーサリアムの大幅下落、EOSによる大量売却が原因か=ネットメディアが指摘

 イーサリアム(ETH)の価格は28日、大幅に下落した。テック系サイトのトラストノーズは、EOSが仮想通貨取引所ビットフィネックスでETHを大量売却したことが原因だと非難している。

ETH/USD

 仮想通貨コミュニティでも同様の指摘がされている。WhalePanda氏はツイッターで、EOSによる大量売却に言及している。

(一体誰がビットフィネックスでETHを急落させたのか。EOSは大量のETHをもはや持っていない。そしてEOSは以前にフィネックスを使っていた)

 イーサリアムは記事執筆時点で約515ドルで取引されている。過去24時間で8.49%下落した。

Value

 今月はじめ、テックノーズは、仮想通貨データ会社Santimentのデータをもとにした分析から、EOSが過去30日間でイーサリアムに約9億5000万ドルを費やしたと報じた。テックノーズは28日、ビットフィネックスで約18万ETHが1時間で取引されたと報じた。ビットフィネックスやGDAX、OKExでは通常、1時間で2万ETHが取引されている。

 トラストノーズは、ETHの大量取引の一部はEOSのものだとみている。ETHに費やした額が4日前には100万ドルであったのが、28日には140万ドルにまで拡大しているためだ。

TrustNodes

Image: TrustNodes

イーサスキャン(Etherscan)によれば、EOSCrowdsaleとしてマークされたウォレットアドレスに約20万ETHがいまだあり、EOS-Ownerとマークされているウォレットのアドレスには91.6万ETHがある。合計して約110万ETHだ。

 コインマーケットキャップのデータによれば、ビットフィネックスでは過去24時間に約2億3800万ドル分のETHが取引された。OKExは半分以下の1億400万ドルであり、Huobiは約9800万ドルだった。

Ethereum Markets

 EOSは6月2日にメインネットを開始する予定であり、現在は約12ドルで取引されており、過去24時間で4%超下落している。

  • フォローはこちら: