仮想通貨イーサリアムのコア開発者 より小規模で頻繁なハードフォークを検討

仮想通貨イーサリアム(ETH)のコア開発者が、小さいスケールのハードフォークをより頻繁に行うことを検討している。隔週で行われる最新の開発者会議で明らかになった

開発者会議は、ハードフォークの間の期間を短くすることについて議論。支持する意見としては、一回一回、何が変更されるのかわかりやすくなり、実装も簡単になるという見方がある。

一方、不支持の意見としては、期間が長いほうがセキュリティー評価のための時間が豊富であることを意味するほか、たくさんアップグレードがあると顧客の負担になるという見方もある。また、あるフォークでバグが見つかったら、次のフォークが遅れることになるという懸念もある。

今回の会議では「ハードフォークの間の期間を最小3カ月にして良いか」という問いかけに対して、「短すぎる」といった意見が出た。また「3カ月が厳守でなければ良いのではないか」といった声も出た。

既報の通り、分散型アプリ(dApps)ユーザーの間でトロンの人気が急上昇している一方、イーサリアム(ETH)人気は縮小している。また最近カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、イーサリアム開発者の「孤立主義」を批判した

翻訳・編集 コインテレグラフ 日本版
原文 Ethereum Core Developers Consider More Frequent and Smaller Hard Forks