「仮想通貨は北朝鮮より中央集権」「ブテリンは一生独裁者」米公聴会出席の教授が過激発言

仮想通貨反対論者として知られるニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授が7日、仮想通貨が非中央集権だというのは神話であって、イーサリアム(ETH)の共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏は「一生独裁者」という過激発言を自身のツイッターで述べた。ルビーニ教授は11日に米上院で開かれる「仮想通貨とブロックチェーンエコシステムの探求」という公聴会に出席する予定で、その発言内容に注目が集まる。

「仮想通貨の非中央集権は神話だ。北朝鮮より中央集権ではないか。マイナーは中央集権化しているし、取引所も中央集権化しているし、開発者は中央集権の独裁者ではないか(ブテリンは「一生独裁者」だ)。そしてビットコインのジニ係数(所得分配の不平等さを測る)は北朝鮮より悪いではないか)」

金融危機を予言したとして「Dr.Doom(ドクター・破滅)」と呼ばれるルビーニ教授。仮想通貨に悲観的な発言をするのは今回が初めてではない。5月にはブロックチェーンについて「見かけが良いエクセルのスプレッドシート」だと発言。他にも熱狂的なビットコイン支持者をサイバーテロリストと揶揄したり、ビットコインは規制を受けて終わると発言したりしていた。