著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類(レバレッジ11種類、現物3種類)でお取引が可能です(※2020年10月現在)。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

・ライトコイン、ビットコインの上昇に連れ+58%

比較チャート(BTCJPY, LTCJPY, XRPJPY, XLMJPY 2020.10.1- 日足)

12月3週に入り、BTCJPYは史上最高値を更新する急騰をみせたが、LTCJPYも同様の値動きで、さらに高いパフォーマンスを発揮した。

上図、10/1を起点とした比較チャートでは、LTC,BTC型の値動きと、XRP,XLM型の値動きが確認できる。11月半ばまでは、LTC,BTCが優勢だったが、11月下旬にXRP、XLMが急騰すると逆転した。しかし、12/11から12/20の間で、BTCはXRP,XLMとの差を縮め、同様の値動きをするLTCはBTC(+30% 12/11比)をさらに上回るパフォーマンス(+58%)を発揮した。

上値模索の展開か、19,000円以上の上昇も視野に

LTCJPY 日足 Bid
 

現在、12,000円付近のLTCJPYは、年初より9,000円台での上値の重さが意識されてきた。12/1に当時の年初来高値となる9,600円を超えても翌日には反落。12/11には7,200円台まで下押した。

7,250円付近の価格帯が過去のサポートとして意識されてきたことや、50日移動平均線の下支えもあり、その後は上値追いの展開となっている。

今後の展開としては、12/20の反落はリスク要因としてを念頭に置いておきたい。このままLTCJPYが続落すると仮定したときは、過去3度機能したレジスタンスである、9,600円付近の価格帯でのサポートを注視する必要がある。この価格帯では、12/11に機能した50日移動平均線が青矢印のように近づくことが予想され、白矢印のような反発の可能性を想定しておきたい。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。