著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

11100ドルをブレーク

週末のBTC相場は続伸。SqureによるBTC購入を好感して116万円台まで値を上げていたBTC相場だが、海外時間に入ると11100ドル(117万円)近辺まで上昇、更にこのレジスタンスを上抜けると11500ドル(121万円)近辺まで上昇した。木曜日のSqure社による米上場企業のBTC運用第2弾の意義が浸透、更に日銀、中国人民銀行、BISとCBDCに関するヘッドラインが続く中、上昇圧力がかかり続けたBTC相場だが、海外時間に入ると117万円台まで上昇。11100ドル水準で一旦止められたが、米共和党が景気対策案を1.8兆ドルまで引上げ、民主党の主張する2.2兆ドルに歩み寄りを見せると、このレジスタンスをブレーク、一気に121万円台まで値を上げた。11500ドルで一旦上値を抑えられたが、人民銀行による人民元安誘導(人民元空売りに対する準備金を撤廃)もあり再び120万円台へ。足元では米景気対策の決裂もあり若干値を下げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。