著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

週末の下落要因

週末のBTC相場は軟調な展開。木曜日に4万ドル(約440万円)トライに失敗すると、金曜日に38,000ドル(約420万円)、土曜日に36,000ドル(約400万円)ともみ合い水準を切り下げ、日曜には一時33,000ドル(約360万円)台に下落したが、今朝方36,000ドル近辺に値を戻している。注目のFOMCを無事通過したものの4万ドルを前に上値を抑えられると、中国四川省でのマイニング停止報道やイエレン財務長官のスーパーインフレリスクの否定などもあり、BTCは38,000ドルを割り込んだ。金曜日のアジア時間に入りしばらくもみ合い推移となるが、間近に控える50日移動平均線が200日移動平均線を下回るデッドクロスが意識されたせいか海外時間に36,000ドル台に値を下げた。その水準で一旦もみ合ったが、ハッシュレートの低下、大口の売りを示唆するCoinbaseへの大口入庫などもあり上値を抑えられると、突如ブロック生成に1時間以上を要したこともあり33,000ドル割れに急落したが、その後、生成速度が回復、36,000ドルに反発している。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。