ハッキング被害で破産の仮想通貨取引所クリプトピア、約8億円の回収に成功 | 清算完了の時期は未定【ニュース】

ハッキング被害で破産したニュージーランド拠点の仮想通貨取引所クリプトピア(Cryptopia)の清算人を務める会計事務所グラントソントンは、1090万ニュージーランドドル(約8億円)を回収した。12月11日の報告書で明らかにした。

グラントソントンは同取引所に関する第2次報告書で、今年5月から11月の半年間で1090万NZドル(約8億円)を回収したと報告。特定の優先債権者への支払いを含む支出が374万NZドル(約2.7億円)で、純回収額は720万NZドル(約5.2億円)となったとした。

グラントソントンは、「その他回収可能な手段がないか、クリプトピアおよびその幹部らに関する調査は引き続き行われる」と書いている。調査期間の期限については現時点では明確ではなく、債権者への償還が完了するのがいつになるのかは不明だ。

クリプトピアは、1月中旬にハッキング被害にあい、今年5月破産手続きを開始したと発表していた。

【関連記事:仮想通貨取引所クリプトピア、トレーディング停止し破産手続き開始

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン