仮想通貨ウォレット開発企業のZenGo フェイスブック「リブラ」のテストネットをサポート

イスラエルの仮想通貨ウォレット開発企業ZenGo(ゼンゴー)は18日、同社のiOSアプリで、フェイスブックの仮想通貨リブラのテストネットをサポートしたと発表した。

発表によると、テスト環境でリブラを他の仮想通貨と同様に送金や受け取ることができるようになるが、実際に価値はなく、試験目的としての利用に限られるとしている。

「フェイスブックは独自ウォレットであるカリブラを開発していますが、まだ公開されていません。フェイスブックはウォレットで保管されている資金を完全にコントロールします。しかしそれだけ(フェイスブックのウォレット)が選択肢ではありません。私たちはゼンゴー内でリブラを持つという選択を提供します」

ゼンゴーの開発チームは、リブラのテストネットがまだ実験段階にあることを強調。メンテナンスやアップグレードのために定期的にリセットされ、その時点でネットワーク上のすべてのデータが取引履歴と残高とともにリセットされるという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版