コンセンシスとWWF、慈善活動の透明性向上と支援強化で仮想通貨イーサリアムベースのプラットフォーム構築

イーサリアムの共同創設者であるジョセフ・ルービン氏が創設したブロックチェーンスタートアップ「コンセンシス」と世界自然保護基金(WWF)は慈善活動のキュレーションと出資を支援するプラットフォーム「Impactio」で協力すると発表した。

社会的な影響の強いプロジェクトに対し、ブロックチェーン技術を使い、資金がどのように使われているかを把握する。非政府組織(NGO)やWWFなどから支援を受ける企業の資金の動きがわかるようになる。

さらに企業やNGOの慈善計画を管理し、改善のためのアドバイスや出資先との連携支援も実施する。

プラットフォームはプロジェクト提案者や、様々なプロジェクトを管理するキュレーター、資金提供者が利用する。最終的に資金調達基準を満たしていると認められたプロジェクトにImpactioトークンが発行されるという。

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版